「試合結果」カテゴリーアーカイブ

試合結果(2019/04/13「平成31年度たじみオープンジュニアバドミントン大会(複の部)」)

開催日 平成31年4月13日(土)

大会名 平成31年度たじみオープンジュニアバドミントン大会(複の部)

場所 感謝と挑戦のTYK体育館(岐阜県)

結果 1部男子予選リーグ


可児BCからは1部男子に1組が出場しました。

中学生になったばかりで部活も始まらない、ということでクラブの名前で参加しました。

結果は…予選敗退。

まるで大人と子どものようでした

それでも、応援席から見ていて、一通りのショットは打てるようになったかなと感じました。

動き方がわかればもっと得点できる場面はあったと思います。

これからはそれぞれの道でがんばってください。


可児BC Thanks and Challenge!!
「わたしたちは、岐阜県可児市を中心に活動しているジュニアバドミントンクラブです。」

試合結果(2019/03/03「第26回岐阜県小学生バドミントンシングルス大会(高学年の部)」)

開催日 平成31年3月3日(日)

大会名 第26回岐阜県小学生バドミントンシングルス大会(高学年の部)

場所 池田町総合体育館(岐阜県)

結果 6年男子1回戦、5年女子2回戦

※ 試合結果の詳細は岐阜県小学生バドミントン連盟のホームページから見ることができます。


可児BCからは6年男子の部に3組、5年女子の部に3組が出場しました。

今大会で念願の初勝利を手にした選手もおり、勝者サインに戸惑う姿が初々しかったです。

全体として低学年同様、練習内容が試合に反映された結果となりました。

成果と課題、その優先順位を明らかにし、練習の計画を練り直します。


可児BC Thanks and Challenge!!
「わたしたちは、岐阜県可児市を中心に活動しているジュニアバドミントンクラブです。」  

試合結果(2019/02/24「第26回岐阜県小学生バドミントンシングルス大会(低学年の部)」)

開催日 平成31年2月24日(日)

大会名 第26回岐阜県小学生バドミントンシングルス大会(低学年の部)

場所 池田町総合体育館(岐阜県)

結果 4年男子2回戦、4年女子2回戦、3年女子1回戦、2年男子1回戦、2年女子2回戦

※ 試合結果の詳細は岐阜県小学生バドミントン連盟のホームページから見ることができます。


可児BCからは4年男子の部に1組、4年女子の部に1組、3年女子の部に2組、2年男子の部に2組、2年女子の部に1組が出場しました。

代表は仕事で不在だったため、引率したコーチからの報告です。

(写真は4年女子の部)

今回の試合では、低学年が最近取り組んでいる練習の成果が出ていたと思います。

更に上を目指してこれからも練習を頑張ってもらいたいです。


可児BC Thanks and Challenge!!
「わたしたちは、岐阜県可児市を中心に活動しているジュニアバドミントンクラブです。」

試合結果2018(2018池田小学生クリスマスバドミントン大会)

開催日 平成30年12月9日(日)

大会名 2018池田小学生クリスマスバドミントン大会

場所 大垣市総合体育館(岐阜県)

結果 6年ダブルスの部予選リーグ敗退、5年ダブルスの部予選リーグ敗退、3年ダブルスの部予選リーグ敗退、2年ダブルスの部予選リーグ敗退

※ 試合結果の詳細は岐阜県小学生バドミントン連盟のホームページから見ることができます。


可児BCからは6年ダブルスの部に1組、5年ダブルスの部に3組、3年ダブルスの部に1組、2年ダブルスの部に1組が出場しました。

ダブルスが初めての選手もいたので、試合形式の練習を何度か繰り返して当日を迎えました。

当日、山田は仕事で不在でしたが、みんな楽しく過ごせたようです。

年々参加数が増えていくなか、大会を運営しているクラブの方々には頭が下がります。

ありがとうございました。


可児BC Thanks and Challenge!!
「わたしたちは、岐阜県可児市を中心に活動しているジュニアバドミントンクラブです。」

試合結果2018(第35回岐阜県ジュニアバドミントン大会(団体))

開催日 平成30年11月4日(日)

大会名 第35回岐阜県ジュニアバドミントン大会(団体)

場所 池田町総合体育館(岐阜県)

結果 男子1部予選リーグ3位、女子1部予選リーグ3位

※ 試合結果の詳細は岐阜県小学生バドミントン連盟のホームページから見ることができます。


可児BCからは男子1部に1チーム、女子1部に1チームが出場しました。

ダブルスは上級生で組みましたが、自分のことで精一杯で、対戦相手やペアのことまでは見えないようです。

自分が打つシャトルをコントロールすることと、ラリーの中での判断力を磨かなければいけません。

一朝一夕にできることではないので、日々の積み重ねが大切です。

この日が初めての試合だった選手たちは、相手のコートにシャトルを返そうとする姿が印象的でした。

まずは、一本でも多く相手のコートにシャトルを返し、ラリーを続けることを大事にしてほしいと思います。

(写真はこの日が県デビュー戦だったうちの2人です。最後まで頑張りました!)


可児BC Thanks and Challenge!!
「わたしたちは、岐阜県可児市を中心に活動しているジュニアバドミントンクラブです。」